空いた時間にいつでもお小遣い稼ぎ!スマホでチャットするだけで高収入!

2015年10月19日

12球団で始球式で、ミスiD2014準グランプリ(いなむらあみ)稲村亜美が100キロ出す

【ブレイク予報】稲村亜美、全12球団で始球式「100キロ出す」

稲村 亜美(いなむら・あみ)1996年1月13日、東京都生まれ。19歳。13年に「ミスiD 2014」で準グランプリに選ばれる。14年「第1回ジガドルコンテスト」でグランプリを受賞。10月から文化放送「関根勤のスポパラ」(月曜・後7時)のアシスタントを務めている。身長173センチ、B90・W60・H88センチ。


稲村亜美 いなむら・あみ ミスiD 2014.jpg


王貞治さんばりの一本足打法を披露した稲村亜美
 トヨタ自動車のCMで見せたOL風スーツでの豪快なバッティングが、「神スイング」として話題に。巨人―中日戦の試合前イベントに登場し、ヤクルト―DeNA戦では始球式も務めた。野球界に突如現れた女神として注目を集めている。

 小学3年生の時に、2人の兄の影響で野球を始め、毎日ボールを追い続けた。ソフトボールには目もくれず、男の子ばかりのチームで鍛え抜いた。「ずっと泥だらけで。練習もきつかった思い出しかない。それでも声だけは、きっちり出してましたよ!」

 ポジションは投手と一塁手。6年生の時には、40人ほどのメンバーで唯一の女子選手ながら、チームの主将にも選ばれた。中学時代にはシニアリーグで活躍したが、ほぼ休みはなく、恋の気配すらない野球漬けの日々。「当時女子は3人で入ったんですが、次々にやめていって…」。卒業時には女子はたった1人しか残らなかった。

 「もう、練習のない生活がしたい!」。高校入学を機にバットを置いた。部活にも入らず、友人と遊ぶという極めてノーマルな高校生活を送るはずだったが、1年生の秋に転機が訪れた。173センチの長身美少女をスカウトが見逃すはずがなかった。

 今はタレントとして勉強の日々。「野球を生かしてバラエティー番組とかも出てみたい」。目指すは全12球団で始球式すること。「9月の始球式で96キロしか出なくてショック。100キロは余裕で出ていたので絶対出したい」。リベンジを誓う瞳の中には炎が揺れていた。(樋口 智城)

スポーツ報知引用







楽天【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】<デジタル週プレ写真集> 稲村亜...





ラベル:稲村 亜美
posted by 2020 tokyo at 18:44| アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。