空いた時間にいつでもお小遣い稼ぎ!スマホでチャットするだけで高収入!

2017年07月23日

パラダイス・キス 天使なんかじゃない 矢沢あい

パラダイス・キス

矢沢あい

人より小さい顔と人より少しだけ長い手足が誰かの役に立つのならばと、無理に進学校の優等生を演じ続けていた早坂紫はモデルの誘いを引き受けます。変人ばかりが集まっているという矢澤芸術学院の面々を手伝ってドレスの制作をしたり、紅一点の実和子と仲良くなって恋バナをしたりしているうちに、狭かった自分の世界が広がっていくような気持ちを味わう紫。ドレスのデザイナーであるクセ者の小泉譲二と恋に堕ちて、紫は初めての恋愛に溺れていきます。

譲二は紫のことを想っていますが、自分の恋人にも自分の足で立ってほしいと思うタイプの男性なので紫に厳しい一面があります。不満ばかりもらしながらも周りの決断に従うばかりだった紫にとって、譲二は愛しい恋人でもあって、自分の足で動き出せと叱ってくれる教師のような存在でもあったのでしょうね。もっと優しくしてくれてもいいじゃないのと、譲二が憎らしくなります。そんな厳しい譲二が、学園祭のショーで譲二たちの作ったドレスを着て見事に歩き切った紫を褒めるシーンは、本を握るこちらの手もようやく緩むほどホっとさせられます。

高校生たちの恋愛というには深くて大人の雰囲気が、ジワっと感動を生む作品です。



作者:矢沢あい
出版社:祥伝社
掲載誌:Zipper
連載開始:1999年5月
巻数:全5巻




天使なんかじゃない

矢沢あい

明るく大きな口で笑うみんなの人気者、冴島翠は創設したばかりの私立聖学園の第一期生徒会副会長に任命されます。生徒会長になったのは、密かに気になっていたリーゼントの男子生徒、須藤晃です。やがて付き合いだす2人ですが、晃の心に誰か他の女性が見え隠れして、不安に押しつぶされそうになる翠。親友と呼べるほど仲良くなった麻宮裕子(マミリン)や優男の瀧川秀一(タキガワマン)にも励まされますが、少しずつ複雑な事情を抱えた晃と付き合っていくのが苦しくなります。

たしかに晃には翠の他にも大切な女性がいますが、それは翠への気持ちとは別物。でも他の女性に強く心を奪われるのがつらいという翠の気持ちもよくわかりますよね。この作品で泣かせるのは翠と晃の恋だけではないんです。なによりポイントはマミリンの翠への友情。はじめは翠を嫌っていたマミリンといつの間にか親友になっていて、そのマミリンが翠のためにホコリまみれになって奮闘するシーンがあります。泣き笑いしながら翠の幸せを願うマミリンの気持ちに、胸がわしづかみされるような気持ちにさせられます。マミリンのタキガワマンへの、長く秘めた恋心にも注目していただきたい良作です。



作者:矢沢あい
出版社:集英社
掲載誌:りぼん
連載開始:1991年9月
巻数:全8巻(単行本)




posted by 2020 tokyo at 11:39| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする